その他(日常・雑記) 日常・雑記

南の島で10年以上田舎暮らをしてみて感じたメリット デメリット☆

(肩の所に愛犬「ピノ君」がのっている)

自分が現在住んでいる地域に移住してきて早いものでもう

10年以上が経過しました。 

この10年間を振り返って感じた南の島での田舎暮らし メリットデメリットを

ざっくりご紹介してみようと思います! 

◎ いい悪いの判断基準は完全に自分の主観です(;^ω^)・・・ 

 リアルな南国スローライフの感想(≧▽≦)
ピノ君

メリット

1,まずは「気候が穏やか」ということ。 

熱帯気候なので当然冬は非常に過ごしやすく、日によっては

真冬でもTシャツ1枚で快適 ('ω')・・・  

そして何より意外だったのが夏も想像以上に過ごしやすいということ! 

以前住んでいた街とは違ってコンクリートや建物が少ないので

ヒートアイランド現象もなく、常時海風が吹いているので木陰に入ると

意外と涼しい(´▽`) 

それに住んでいる人々も細かいことを気にしない大らかな性格が多いので 

海パンと肌着みたいな涼しい格好でうろついていても全く問題なし! 

なんなら 庭作業で暑くなった時などはそのまま水かぶって気化熱で

涼みながら作業しています☆ (涼しくて快適♪) 

2,珍しい植物・面白い植物が育つ! 

ガーデニング好き・家庭菜園好きにはたまらない点として 

パッションフルーツやアセロラなどのトロピカルフルーツや

アテモヤやジャボチカバなどの珍しい植物がガンガンに育つという

ところがあります♪ 

温暖な気候のおかげで信じられないくらい生育が早く、

季節によっては自宅の菜園だけでも食べきれないくらいの野菜・フルーツが

収穫できます! 

熱帯ならではの生命力あふれる庭つくり。 

日々目に見えて変化していく庭の様子が面白過ぎる☆ 

3,家や人が少ないので愛犬家にもメリットいっぱい。 

あと愛犬家にうれしいメリットとしては家と家の距離が離れていることも

多いので愛犬が多少騒いでも近所迷惑の心配が少ない。 

散歩中に人と合うことも少ないので自由にあちこち散歩して回れる♪ 

豊かな大自然に囲まれているので愛犬の生活環境としても

とてもいい環境かと思います。 

4,無駄な支出が自動的に減って倹約が進む!

都会のように浪費の誘惑が少ないというのもメリット! 

いつのまにか部屋の中に溜まっていく使わないものやジャンキーな食べ物、

ついで買いなどが劇的に減ります。 

島の小さな店の品は必要最低限の生鮮食品類がメインですし、

ネットで買うにしても "見栄" に使うような浪費(例えば 見栄えを

気にした装飾品や高い時計など)は そもそも見せびらかす人口が少なく、

生活の中でそのようなシーンも皆無なので

買う気もうせてきます(;^ω^) 

5,ネットと非常時の備えがあれば快適空間。

今の時代、南国の小さな島であっても必要最低限のネット環境は

整っていることが多いです。 

たまに本当に必要な物(どうしても手に入れたい良質な健康食・勉強になる書籍

・愛犬のための用品)が出てきた時はネット通販でポチれば手に入れることができます。 

送料がかさむこともありますが 逆にそれによって「送料を余分に支払ってまで

購入しなければならないものなのか」を今一度考え直すきっかけになって無駄な支出が

だいぶ抑えられるようになりました! 

毎月の堅実な投資をする為の環境もネットとPCがあればどこに住んでいるかは

関係ないのでOKです。 

早朝の海風が心地い時間帯に投資作業・情報収集をすると非常に生産性が高まるので

お勧めです! 

(注意)停電や落雷は多いので非常電源や落雷対応コンセントは備えておいた

ほうが無難です('ω') 

プリンさん
ネット環境とそれを守る対策さえあれば意外と快適!!

デメリット

1,台風常襲地

デメリットでまず思い当たるのは 台風 の常襲地帯ということ。 

国内の南の島と言えばほぼ、 台風常襲地地帯です( ;∀;) 

こればかりは事前に各々で備えるしかありません。

といっても自分の体感としては 非常電源・非常食・ノートPC・

水のストックくらいでなんとかなってきた感じです。 

2,通販が1日遅れる

通販の配送は地理的な関係で必ずと言っていい程2~3日は遅れます。 

ですが これも慣れの問題で慣れてくると自然と1~2週間後まで

見通して物事を考えるようになり、前もってそろえるべきものは

注文しておく習慣が身に付きます。 

その日感覚でバタバタ暮らしていた都会暮らしの頃と比べても 

むしろ快適になったくらいです(;^ω^) 

3,人並みや都会が好きな人には地獄

そもそも都会暮らしが好きな人はこんなところへの移住を夢見たりは

しないでしょうが、大勢の人が行きかうようなところが好きな人にとっては

当然地獄となるやもしれません・・ 

4,大きな企業勤めなどはほぼ不可能

大きな企業などはほぼ皆無と思った方が良いかもしれません。 

島での働き口は基本、季節労働(短期のバイトのような)や非正規労働

、それに準じるような給料安めの仕事がメインになってくるかと思います。 

でもまあ季節労働といっても人員は限られているのでシーズンごとに同じメンツが

集うような感じで就職試験もなく、シーズンになると声がかかる みたいな仕事が多いです。 

 "意外と安定しているのかも!?" 

給料水準は安いですが人によっては生活必要支出がそれ以上に削減できる場合もあります。 

本当に人によりますが劇的に生活幸福度が上昇する場合もあります。(自分がまさに

そのパターンです) 

5,大規模娯楽施設はない

田舎の小さな島ですと もちろん大規模な娯楽施設や商業施設は

ありません。 

お金を使って楽しむタイプの人には向かない生活環境かもしれません。 

自分のように趣味が読書やガーデニング、犬とのんびり過ごすこと、

みたいな人には最高の環境です! 

謎ネコ
人によってはデメリットが最高のメリットになり得るかも!?

まとめ

以上、ザックリですが南の島で10年以上田舎暮らししてみて感じた

メリット デメリットを記してみました。 

まとめると南国 小島の田舎暮らしというのは人によって天国と地獄が

はっきり分かれる生活環境かと感じました。 

自分のように

  • 人が苦手
  • 自然が大好き
  • 自給自足が好き
  • 低収入、超低支出生活を楽しめる

みたいな人にとっては天国

その逆タイプの人にとっては地獄かもしれません(;^ω^) 

ついでに言うとお金にはかえられないような有意義な時間も

増えたように感じます。 

早朝に窓から吹き込む爽やかな海風を浴び、小鳥たちのさえずりと

庭の花々の香りを感じながら瞑想をする時間や夕暮れに

エメラルドグリーンの海に沈む夕日をのんびり眺めながら

真っ白いサンゴ砂の海岸を愛犬と一緒に散歩するひと時は

何にもかえられない価値ある時間です(´▽`) 

この10年を振り返ってみて自分の場合はデメリットよりも

大きくメリットの方が上回っているように感じられました☆

錦鯉さん
南国の小島でのんびりスローライフ♪

-その他(日常・雑記), 日常・雑記
-,

Copyright© シングル・スローライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.