アクアリウム関連 日常・雑記

(上部フィルター)長期間使用可能なコスパ最強濾材3選!

長年 金魚・錦鯉の水槽飼育をしてきましたが、金魚・錦鯉は水を汚しやすい

魚種ということもあって 吸着系ろ材や1回使い捨て系のろ材だとすぐに交換

タイミングが訪れ、ランニングコストが高くついてしまいます(;^ω^) 

そこで今回は自分が今まで使用してきた濾材の中から 繰り返し使える系で

なおかつ,能力も秀逸だった3種類をピックアップして紹介していきます! 

エーハイム サブストラットプロ

まず初めにお勧めしたいのが「エーハイム サブストラットプロ」! 

アクアリストの間では定番中の定番ですが、やはりド定番なだけあって 

メンテナンスのしやすさ・耐久性・濾過能力 どこをとっても非の打ちどころが

ありません♪ 

わが家では4段重ねの濾過槽の上から3段目は必ず「エーハイム サブストラットプロ」

と決めています(^^♪ 

ドライ濾過で使ってもウェット濾過でも両方能力を発揮してくれる

オールラウンダーです!  また、裏技的使用法として水槽の敷き砂代わりに

コレを敷くと水質浄化+底砂として大活躍! 

さらに、底面フィルターの上にコレを敷き詰めて使う方法等、

活用の幅が非常に広いろ材です!(^^)! 

ピノ君
生物ろ過能力ならNo1!

エーハイム メック

続いては 「エーハイム メック」 。

こちらはリング状になっているので詰まりにくく、硬いセラミック製なので

何度でも洗って使え、コストパフォーマンスにも優れています! 

目詰まりの心配が皆無で水流均一化効果もあるので、わが家では

4段フィルターの最下層(ウェット濾過槽)の常連です♪ 

生物ろ過の立ち上がりも早く水質浄化細菌「PSB」とのタッグは最強です! 

目詰まりアクシデントの心配無用♪
ピノ君

カキガラ

最後に紹介するのは 生物濾材 兼、水質調整資材でもある「カキガラ」。 

「カキガラ」は金魚や錦鯉を飼育するなら是非導入しておきたい濾材です。 

金魚や錦鯉は弱アルカリ性の水質を好みますが 水槽の水というのは

水替えをしてから日にちが経つにつれて次第に酸性にかたよりがちです('ω') 

そこで この「カキガラ」を導入しておくと 水質が酸性に傾くと自動的に

カキガラが解け始め、水質をちょうどいい感じの弱アルカリ性まで

戻してくれると同時にミネラル分まで溶け出して金魚・錦鯉に合った水質

維持を強力にサポートしてくれます!(^^)! 

ただ 使ってみて、難点はフィルター内に敷くとまれに細かくなった微砕粉が

フィルターの目詰まりの原因になったこともあったので、我が家では

ろ材ネットに詰めて排水口の所につるして水を通すようにしています。 

毎月水質検査キットでPHを計っていますが 今のところ見事に

弱アルカリ性をキープすることに成功しています。 

ちなみに使用量は 少し多いかもしれませんが我が家は60cm水槽に

1Kg入れて使用しています。 

プリンさん
自動的に快適水質を維持♪

まとめ

以上、我が家で長年 実際に使ってみて非常に優秀だった長期間使用可能な

コスパ最強濾材の紹介でした! 

ろ材というのはやはり

  • 維持管理のしやすさ
  • 妥当な価格
  • 耐久性
  • 濾過能力

が非常に重要かと思います。 

今回紹介したろ材たちは "水汚し" で有名な錦鯉水槽で長年実力が

証明されたろ材たちなのでどれも甲乙つけがたいポテンシャルの持ち主

達です! 気に入ったものがあれば試してみて下さい(^^♪ 

錦鯉さん
カキガラだけは酸性が好きな生体には合わないかも・・

-アクアリウム関連, 日常・雑記
-,

Copyright© シングル・スローライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.