生活のアイディア 豊かなシングルライフ

(国内編)生活費が激減!? 暖かい島での豊かな倹約生活について

「将来の為にも倹約してお金を貯めたい!」しかし「生活のクオリティを

極端に下げてサバイバル生活みたいなのはちょっと・・・」 

最低ラインの生活水準は維持しつつも 余裕資金を確保して倹約・貯蓄しながら

暮らしていきたいと考える人も多いのではないでしょうか。 

都会で高収入&高支出な生活もひとつのありかたですが、そんな生活に

疲れてきた時は 南の島で低収入&超・低支出の倹約生活で、しっかり貯蓄も

確保しつつのんびり豊かなスローライフを楽しんでみるのも

いいかもしれません(^^♪  

今回は 実際自分が10年以上南国(国内の)で暮らし、

豊かな倹約生活を確立できた経験から特に注目したい南国暮らしのメリットを

8つご紹介します♪ 

温かいので夏場はガス不要

まずはガス代です。  

もしもあなたがお風呂につかりたいタイプであったり、料理好きで

どうしてもガスコンロで調理をしたいのでなければガス代を劇的に倹約できます。 

生活のシーンでガスを使うのは主に風呂と料理位ですが、こだわりがなければ

安い電気調理器で大概の調理はできるのでどうしても風呂の温水が必要になる

冬場以外はガスを契約解除しておけば夏場のガス代はかかりません。

沖縄近辺ですと5月~10月位なら水道水シャワーで十分なので我が家は

1年の半分はガス代無料です(^^♪ 

ほとんどの調理は安いオーブンレンジで済ませ、どうしても火を使いたいときは

安いカセットコンロを使用しています。ほとんど使わないガス代を毎月使い続ける

よりはづっと経済的です。 

(ちなみに 南の島は台風常襲地なのでカセットコンロを常備していると

台風で停電した時などにも非常に役立ちます) 

衣料費が激安

もしもファッションにこだわりがなければ 衣料費も劇的に減らすことができます。

やや薄手の丈夫な長袖デニム上下4セットとジャンパーがあればそれで充分です。 

いろいろと試してみましたが 耐久性や 仕事以外にもいろいろなシーンで

使いまわせることからやや薄手のデニム(紫外線が強いので長袖)の上下セット

がベストだと思います。 

色・メーカーを揃え、同じものを4セットにすると 日々服を選ぶ必要も

なくなるので小さな選択疲れを日々積み重ねることもありません。

南国なら 真冬の朝でも防寒着は ジャンパーが1着あれば十分です! 

交通費が激安

田舎暮らしの最強モビリティと名高い「カブ+ミカン箱」

南国の小さな島であれば 島内の主要か所には原付で数分でアクセスできる場合が

ほとんどなので、移動手段は原付(子供は自転車)があれば十分です。 

我が家の場合、年間交通費は ↓ 

  • オイル交換 2000円
  • 軽自動車税(我が家は原付2種の為若干高いです)→ 2400円
  • ガソリン代 290円/月 × 12か月 = 3480円
  • 自賠責保険(5年契約14380円) = 2876円/年

合計  ¥ 10756 円/年

内地で自家用車を移動手段としている場合

(コンパクトカー1300cc使用の場合) ↓ 

自動車税¥30,500
1年当たり自動車重量税¥22,500
1年当たり自賠責保険料(強制)¥12,475
自動車保険料 ※¥77,500
車検費用¥13,400
ガソリン代¥58,000
駐車場代¥180,000
オイル交換代¥10,000
タイヤ代¥13,160
高速料金¥28,400
年間維持費¥445,935
(価格ドットコム コンパクトカーの維持費より引用)

合計  ¥ 445935円 / 年

内地での交通費445935÷南国田舎暮らし交通費10750=41.5 

都会暮らしと南国田舎暮らし その差額なんと 約42/1という激安っぷりです! 

毎年交通費だけで約44万円近く年収が浮くのでその分を長期積み立て投資にまわせば

心強い資産形成を達成することもできます! 

単純に複利趣味レーションすると 

浮いた交通費 年間約44万円→毎月約37000円を年利3%のETFに積み立て投資した場合

30代から開始して定年前(30年間で)約21,440,311円! 

老後2000万円問題は交通費の見直しだけで解決です♪ 

「車がなければ不便なのでは?」と思われる方もいるでしょうが 少なくとも

自分が10年以上南国生活をしていて強く不便を感じたことはありません。 

南国の小島は主要な拠点が中心部に集中している島も多いのでほとんどの移動が

徒歩か原付で数分圏内なので原付で十分事足りることが多いです♪

都会のように時間に追われる生活でもないので 急ぎでない時は基本 歩き移動

するようにすれば健康にも寄与することでしょう♪ 

浪費サイクルが起こりにくい

倹約の大敵となるのが衝動買いですが、南国田舎暮らしだと衝動買いの件数が

劇的に減ります!(自分調べ) 

内地で生活していると スーパーやショッピングモールの豊富で魅力的な品ぞろえに 

どうしても目移りしてしまいます。 

気づけばいつの間にか不要な物や菓子類を買い込んでしまうことも多いかと思います。 

南方の小さな島暮らしですと店に並ぶものは必要最低限な食品・生活用品が多く、

浪費の可能性を根本的に減らすことが可能です。 

必需品以外でも自分の趣味などで商品購入をする場合も、ネット通販を利用するので 

あらかじめ自分の目当ての商品を検索して購入することで ウィンドウショッピング

のように不要なものに目移りする確率は格段に減少させることができます。 

電気の料金プランを下げられる

倹約に必須の考え方として固定費の見直しがありますが その中でも

電気料金プランに関しては南国倹約生活で最も簡単に不便もなく継続的に

メリットを得られる方法のひとつです。 

沖縄近辺の小さな島の場合、冬も比較的暖かく 夏はアスファルト舗装も少ないので

都会のヒートアイランド現象のように異常に高温になることも少ないので

冷暖房をガンガンかける必要もありません(人によって許容度の大小はあるでしょうが) 

我が家は小さな省エネ空調機とエコ家電で統一しているので電気プランは

15アンペアに落としてあります。 

月々の電気料金も1800円前後と格安です ↓ 

一人暮らしの月間電気料金平均が4000円なので 半額以下、年間では

25260円の節約になります! 

人によっては娯楽費基本無料

人によっては娯楽費も極端に減らすことが可能です。 

都会の人間関係にありがちな周囲の人の目を過度に気にする風潮もないので 

思う存分引きこもることも苦になりません(^^♪ 

自分の場合は 基本はインドアで好きなユーチューブチャンネルを視聴したり

為になりそうなネット記事を読んだりして楽しんでいます。 

たまに運動がてら近所の海でサンゴ礁観察を楽しんだりしていますが、こちらも

人が少ないのでほぼプライベートビーチ状態です♪ 

いずれにせよお金がほとんどかからず 最高にストレスフリーな過ごし方です(^^♪ 

愛犬と近所の海にて

居住費・食費激減

田舎の方には廃屋になりかけた超格安物件などもあるので 交渉次第では

信じられないほどの格安で住まいを確保することも可能です。 

(土地の簡単な維持管理・草刈りなど)と引き換えに庭付き1戸建てが10万円前後など

庭や小さな畑がついていることも多いので半・自給自足的な生活も可能かもしれません。 

自分の場合は 趣味でトロピカルフルーツやハーブ・野菜などを植えていますが 

南国は植物の生育が半端なく、一人暮らしですと 季節によっては庭の作物だけで

食費の大部分をカバーすることもできそうな勢いです(;^ω^) 

就業形態にこだわらなければ意外と仕事がある

田舎や離島への移住で一番心配なのが仕事の確保ですが 確かに

安定・高収入・大企業最重視の方には厳しいかもしれません。 

しかし、就業形態にこだわらず 高収入・高支出の負のループから脱却し 

低収入・超低支出=堅実資産運用の生活サイクルを考えるのであれば 

意外とたくさん仕事はあったりします(少なくとも自分の島の場合は) 

毎週地域の週報などで短期求人 (3か月~1年)はあります。 

不安定に思われるかもしれませんが、小さなコミュニティなので 

毎年自分に向いていそうな職を乗り継いでいればそのサイクルに慣れてきますし、

顔なじみになってくれば就職も毎度顔パスになってきます。 

これからの時代 1つの職場に人生のすべてを依存するよりは むしろ季節労働の

10~20か所の顔パス職場を持っている方が絶対的な安定につながるように思います。

注意点・デメリット

田舎での暮らしで注意すべきこととして自分が思うことは 何といっても酒です! 

田舎は娯楽が少ない分 地域の酒飲み系集会が非常に多くなっています。 

となると当然 酒によるトラブルや飲酒が原因の病気も多くなってしまいます。

自分の場合は体質的にお酒が飲めないので酒がらみの問題は全くありませんが、

もしもあなたが田舎移住を考えているなら 酒に強くとも あえてそのことは

公表しない方がいいかもしれません。

田舎社会で一度酒飲みの印象が付けばその手の仲間が集うようになり、次第に

生活は荒んでいくことが多いように思います。 

少なくとも 健康・金銭・生活習慣 どの面においてもいい影響はないでしょう。

低所得・低ストレスでの堅実資産形成ルートからは外れてしまいます( ;∀;) 

まとめ

愛犬と近所の海沿いをサイクリング

南国の田舎には生活コストを無理なく倹約するために使える要素がたくさん

ちりばめられています! 

これからの時代は一つの企業に生涯依存するありかたも変わってくるかもしれません。 

南国の超・田舎で支出を無理なく極限まで抑え、多数の季節労働職場を乗り継ぎながら

顔パスの職場をいくつか確保し、ゆったり ストレスフリーに過ごしながら

楽しく積み立て投資で資産形成をするというのも一つの生き方として

考えてみてもいいのかもしれません。

この記事の他にもサイト上部のカテゴリーより 

豊かなシングルライフから資産形成や倹約のアイディア等色々紹介しています! 

気になる記事があれば 参考にしてみて下さい♪ 

-生活のアイディア, 豊かなシングルライフ
-,

Copyright© シングル・スローライフ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.